選手紹介

ニュース一覧

2017年03月29日

プレミアリーグU-11東京3.29総評

プレミアリーグの総評

結果は1勝1敗であった。1試合目は我慢強く守ってから時間をかけずにゴールまで向かう中でいい形で点を奪うことができ、勝利をもぎ取ることができた。2試合目は、いい形でシュートまでいっていただけに悔しい敗戦であった。
それぞれの試合の詳細を以下に述べる。
1試合目の相手は、パスを丁寧に繋ぐチームであり、具体的にサイドバックからのくさびを起点にゴールに迫ってくるチームであった。それに対して、サイドバックへのプレスを高い位置からいかずに、ドリブルで運ばせてから対応させた。自陣までドリブルしてきたサイドバックには、ミナミとタイガをくさびのコースを意識させながら、第一DFを担わせた。そして多少限定されたくさびのボールに対してリョウタロウとソウのチャレンジ&カバーで対応することができた。攻撃は、ボールを奪ってから優先順位を意識させた中で時間をかけずにゴールまで運ぶことを徹底させた。前半のシユウタツは、その優先順位を意識した動き出しが少なく、決定的なチャンスを作ることができなかった。それに対して後半のシユウタツは、前半の反省から裏を意識した動き出しが増えた。その結果、相手を押し込むことに繋がったりその動き出しから起点になりタイガの2列目からの飛び出しで点にも繋がったりと結果に表れた。このように、シユウタツを中心にトップの動き出しの質で勝敗が決まるといっても過言ではない。
2試合目の相手は、突破力のある何人かの選手がゴールにどんどん仕掛けてくるチームであった。そのような相手に対しては、よりカバーの距離や意識を高めなければいけない。しかし、決定的ではないが何回かシュートまで持ち込められてしまった。その中でも前回よりは突破力のある選手に対して対抗できたことは、厳しい試合を重ねる中で成長を感じることができた。攻撃面は、この試合からキョッツが合流し、タイガとシユウタツの間のスペースでボールを受け、効果的な起点となり相手を押し込む時間が増えた。そのキョッツの起点からシユウタツとのコンビネーションから決定的なシュートまで持ち込むこともできた。しかし、そのチャンスを決めることができなければ、接戦をものにすることはできない。
あさっての試合も負けられない試合は続くが、やるべきことをやれば必ず結果はついてくる。1対1では負けてもチームで戦えばやってやれないことはない。

藤田コーチ

2017年03月24日

13ブロック新人戦総評

13ブロック新人戦の総評を以下の通りお伝えします。

準決勝は、総合力で上回る相手に対して敗戦したがその結果は紙一重だった。その後の3位決定戦では、モチベーションが高まらない中で勝ちきることができたことは、個々の自信やチームの効力感に繋がったと考える。
準決勝で総合力で上回る相手に紙一重の勝負に持ち込むことができた要因として、組織的な守備で対抗していたことに尽きる。
リョウタロウ、ソウを中心にチャレンジ&カバーの意識が高く、テクニックの高い相手のドリブル突破に対抗していた。
一方で勝ちきれなかった要因としては、失点にも繋がったバウンドしたボールやロングボールの処理など個人技術の低さが挙げられる。またトップ二人に要求することの精度が発展途上であることも挙げる。具体的に、広範囲にわたるボールを拾う意識やそれをキープする力、コンビネーションの意識、動き出しの質などである。
さいごに、今回の3位という結果を受け止めて、優勝できなかった原因を自分のプレーに立ち返って分析し、これからのトレーニングで克服できるように目標を強く持って欲しい。(藤田芳正)

2017年03月23日

6年生送別試合

本日6年生送別試合(6年生vs5年生)

VALIANT U-12 vs VALIANT U-11

17:30kickoff@内山運動公園サッカー場A面

VALIANT U-12

VALIANT U-11

2016年度東京13ブロック大会優秀選手

2016年度東京13ブロック大会優秀選手の発表がありました。

6年生 藤田選手

5年生 平澤選手

4年生 田中選手

3年生 深川選手

おめでとうございます👏

 

2017年03月18日

5年生東京13ブロック新人戦第三位

5年生公式戦

東京13ブロック新人戦

準決勝

vs 西原JrSC 1-2 ×

 

3位決定戦

vs清瀬FC 3-2◯

最終結果 第三位

 

2017年03月13日

三菱養和少年サッカーフェスティバル決勝ラウンド結果と総評

3月12日8(日)に三菱養和少年サッカーフェスティバル決勝ラウンドが行われ、以下のような結果となりました。

2017/03/12 5年生招待大会三菱養和少年サッカーフェスティバル(順位決定戦) VS 砂町SC 7-2 ○New!
2017/03/12 5年生三菱養和少年サッカーフェスティバル決勝ラウンド(1位パートトーナメント1回戦) VS 三菱養和巣鴨SSホワイト 0-0(1PK3) ●

総合5位で大会を終えました。

以下、5年担当の藤田コーチからの総評を以下の通りお伝えします。

結果はPK負けで残念だったが、ボールを奪う意識やゴールに向かうための動き出しなど、自発的なプレーが多く、内容は悪くなかった。
勝ちきれなかった要因として、ロングボールの処理、セカンドボールを拾う意識などの予測したプレーを挙げる。ロングボールの処理においては、後方にボールが転がれば失点の可能性が高まるということを肝に銘じてプレーする必要がある。つまり、一人一人が前方にボールを跳ね返すという強い気持ちを持ち実行することで、責任を果たしていかなければならない。そして一人一人がその責任を果たしていく積み重ねが勝利に繋がっていく。
セカンドボールなど予測したプレーにおいては、それが自分たちのボールになるのか相手のボールになるのかが勝敗に大きく左右される。したがって、攻守にわたってボールがどこに転がるかを予測して相手より先に動き出す必要がある。具体的に攻撃面においては、味方から前方に出たボールをトップ二人が、そのボールがずれたとしても反応してキープしたり、味方がボールを保持している時のサポートであったり、また守備面においては、ロングボールの処理や一対一の状況からどこにボールが転がってくるか。相手のクロスボールがどこに来るか、それを味方が触った後どこにボールがこぼれて来るかなど、様々である。
このように試合に勝つためには、攻守にわたってボールが来る前に状況をみておいて、その後どんな状況になるのかを予測してプレーしていくことが重要である。
新人戦準決勝は、攻守にわたってこの予測したプレーが鍵となると考える。(藤田芳正)

 

U-15研修リーグスタート

東京・清瀬VALIANTジュニアユース

いよいよ2017研修リーグが、3.12〜スタートしました。

新U-14開幕戦は、3.18@内山A

vs カフリンガ

サポーターの皆さま応援よろしくお願いいたします。

頑張っていきましょう!VALIANT U-15

 

 

2017年03月12日

2017年度U-12リハウスリーグ東京13ブロック(前期)

2017年度U-12リハウスリーグ東京13ブロック

組合せが決まりました。

Aグループ(上位リーグ)

東京・清瀬VALIANT

Refino

清瀬FC

こみねFC

ヨーケン東京FC

S.T.FC

小金井緑FC

FC明成

東久留米ウィンズ

クリストロア

2017年03月10日

2017年度キッズ・新一年生体験練習会のお知らせ

2017年度キッズ・新一年生体験練習会を次のように開催します。

 

体験練習会(内山運動公園サッカー場A面)

3月14日(火) 17:00~18:00

3月15日(水) 16:30~17:30

持ち物;サッカーボール、水筒、サッカーのできる服装

 

説明会(グランド横クラブハウス内)

3月15日(水)16:40~17:00

 

参加をご希望の方は、お問い合わせ窓口からメールにてお申し込みください。

2017年03月08日

6年生招待大会ファイナル

3月18日(土)は6年生最後の招待大会です。

11人制 フルピッチ 5号球 15分ハーフ

  • 友だち追加数
TOP