お知らせ

お知らせ

6年リーグ戦総評

6年生リーグ戦の総評は以下の通りです。

久しぶりのリーグ戦は、キックオフ時間と対戦相手の変更を当日に知るという逆境の中でのスタートとなった。
相手は個々の力があるSTFCと、前期リーグ戦の結果によると粘りのある試合をしていたひばりSCであった。最近、ユウスケのプレーに判断の迷いが徐々に消え、勢いがついてきたこともあり、体を張ることを身に付けつつあるイクとユウスケの2トップで試合に臨んだ。先に集合していた4人以外はウォーミングアップなしであったため、キックオフから押し込まれる展開を予想していた。しかし、ケンセイを中心にしたDF陣のチャレンジ&カバーや粘りのある守備、ホタカの守備力で予想をいい意味で覆してくれた。
いい意味で予想を覆した要因の一つとして、前述した守備面以外にも攻撃面を以下に挙げる。その攻撃面において、ボールを相手DFラインの裏のスペースに運ぶことができたことである。具体的には、攻撃陣の縦へのドリブル突破やイクの身体を張ったプレーで起点を作りサイドへ展開したプレーなどを挙げる。このようなプレーから相手を押し込む時間が増えたことで、相手の攻撃の時間の減少に繋げたことがその要因の一つと考える。
一方課題としては、DFの裏などのスペースに出すパスの精度である。単純なキック力の問題もあるが、味方に出すというより、DFとDFの間に出したり、DFの頭を越えるボールをだしたりとパスでスペースにボールを運ぶというスキルを向上させていかなければならない。またボールを奪った瞬間でパスを考えていない状況でも、目の前にいる相手に引っ掛けないでDFの裏に出すという判断やスキルも併せて向上させたい。
守備面での課題としては、カバーとセカンドボールの意識である。カバーにおいては、ボールに密集するという考えを強く理解しなければならない。特にゴール前(ペナルティーエリア内とその付近)では、スペースを与えてしまうとシュートを打たれてしまう。したがって、一人目のDFが抜かれてもすぐに次のDFがボールにプレッシャーをかけられるように、全体的にボールに密集しなければならない。
セカンドボールにおいては、ST 戦の失点のようにボールを相手に先に触られてしまうことにある。これは、ずっと課題として挙げていることであるが、相手より先に触るという強い気持ちや責任感からくる集中力や予測する力である。以前よりは反応できるようになってきたが、依然として反応が遅いことが現状である。この力は、ステップワークなどの運動能力も重要だが、状況をみて自ら考え判断し行動する力に尽きる。
後期リーグ戦も残り数試合になったが、全ての試合で勝ち点を取りにいくために、自らのプレーを省みて課題を克服するためには、どうすればいいかを考えてプレーして欲しい。(藤田芳正)

  • 友だち追加数
TOP