お知らせ

お知らせ

5年JA東京カップ13B予選総評

5年JAの総評を以下の通りお伝えします。

予選トーナメントの1回戦の相手は、予選リーグで大量得点の無失点で勝ちあがってきたSTFCであった。その結果だけをみても力のあるチームであることはわかる。そこで、トップを2枚にして少しでもボールを押し込んで相手の良さを消そうとして試合に臨んだ。しかし、相手を脅かす程のことはできず、満足のいく試合運びができなかった。その要因を以下に挙げる。
STFCは最近戦ってきた相手と違い、どこのポジションからもボールへのプレッシャーをかけ、攻撃を自由にさせてくれなかった。特にDFのチャレンジが強かったことから、攻撃の起点をほとんど作れなかった。その一方で攻撃時の動き出しの質が低かったことが、相手DFのチャレンジを簡単にしてしまった要因でもある。動き出しの質とは、簡単にいえば止まってボールを受けないということである。ボールがくる前に相手DFの視野から外れたところから、裏に動き出したり、ボールに寄ったりと相手DFと駆け引きが重要になってくる。
一方で試合に負けはしたが、タクミを中心にDF陣が集中して献身的に守っていたり、リョウ、ゼン、タイト、リョウセイなど3・4年生の存在感があったりとチームの可能性を感じさせてくれた。
今回の悔しさをバネに、本気でトレーニングに励んで欲しい。

  • 友だち追加数
TOP