お知らせ

お知らせ

VALIANT17期生に贈る言葉

一年の振り返りと卒業生に贈る言葉を以下の通りお伝えします。
 選手たちの成長を感じることのできた充実した一年だった。
 ライバルチームとの対戦など、試合結果だけをみて成長と捉える見方もできるが、この客観的な結果は私が評価する選手たちの成長を示すものではない。私が評価する成長とは、その状況を捉え自ら判断し行動およびプレーをすることができるかという主観的な評価である。
 いわゆる選手の主体性を引き出すために「予測する」という力を on the pich (以下 on)と off the pich (以下 off) 両面において要求してきた。この力の育成は、諦めない力や思いやる力などに繋がっていくと考える。したがって、これらの力はサッカー選手として重要なものであり、豊かな人間性を形成する上でも重要なものである。だからこそ、選手の主体性を引き出すために、「予測する」という力を育成していくことが、選手の伸びしろを作ることであり、私の教育・指導方針の核としている。
 全日本大会verdy戦で負けはしたが、最後まで諦めないで身体を張ったプレーや攻守にわたって一生懸命に走って味方をカバーしたプレーなど、成長した姿をみせてくれた。
 これから進む道には、うまくいかないことや辛いことなど様々な壁にぶち当たる。その時にこそバリアントの仲間と切磋琢磨して培ってきた力を発揮し、それぞれの壁を乗り越えることを期待している。
「さいごに」
 「夢へと繋がるその一歩を踏み出そう」
 バリアントで仲間と切磋琢磨して培ってきた力が on , off の両面において絡み合ってその一歩を踏み出す原動力になっている
 off において予測した行動ができない選手は、on においても予測したプレーはできない。on と off は繋がっている。そしてon と off における一つ一つが夢へと繋がっている。したがって、「サッカーの時だけ、ボールを持った時だけ、誰かがやるだろう」という行動・考え方は、自分から夢を放棄するようなものである。
 夢へと繋がるその一歩を大切にして欲しい。それぞれの活躍を期待して最後の総評とする。(藤田芳正)
  • 友だち追加数
TOP