お知らせ

お知らせ

5年プレミアリーグの総評

5年プレミアリーグの総評を以下の通りお伝えします。

 今日の試合は、前節の課題から攻守にわたってボールがくるところを予測して動き出すことを目的とした。
 攻守にわたって予測して動き出すということは、ボール保持者の持ち方や第一DFの距離などからボールがくるところに動くことである。つまりは、相手より先にボールを触ることを目指すことである
 特に守備においては、相手より先にボールを触るために、どこにポジションをとるべきか、判断の基準は示している。そのため、前節よりインターセプトやセカンドボール・カバーでボールを奪うことが増えた。
 インターセプトにおいては、コンディションが回復してきたイクヒロやユウ、守備範囲が広くなってきたホタカなどセンターラインの選手の意識が高かった。
 セカンドボール・カバーにおいては、サイドMFで動き方がわかってきたスズ、カイトがボールサイドへのスライドでボールを奪うことができてきた。
 しかしながら、スズやカイトも含めてサイドMFを担当する選手の予測する力や意識が低いレベルにある。そのため、
相手攻撃陣へのボールが成功され、押し込まれる時間が多くなる。その結果、失点へと繋がってしまっている。
 一方、奪ったボールを正確に繋げることができないことが攻撃の課題である。
 これに関しては、単純に蹴る力の問題もあるが、ボール保持者の持ち方や受け手の動き出しなど練習を重ねて、自信をつけていくしかない。
 残念な試合結果であった一方で、成長を感じるプレーがあったり、点差以上に悪い内容ではなかった。これから、選手たちが個人技術のレベルの低さを実感して練習を本気でできるか、またそのレベルの低さをカバーするために予測する力を向上させることができるか、選手たちの成長を願ってやまない。(藤田芳正)
  • 友だち追加数
TOP