お知らせ

お知らせ

5年生プレミアリーグの総評

5年生プレミアリーグの総評は以下の通りです。
 今日の対戦相手は、都大会出場レベルとはいえ3試合全敗という残念な結果であった。
敗戦の原因としては、たくさんあるが、現段階で2つ挙げる。
 まず、攻守における予測する力の低さである。例えば、ボール保持者の位置や持ち方、ボール保持者に対する第一DFの位置などから、「ボールがどこにくるか」を考え、そのためのポジショニングをとらなければならない。
 この力は、サッカーの経験や知識によって多少養うことができる。しかしながら真の予測する力は、人間力と比例すると考える。これはサッカー以外の行動に出る。例えば、練習の最後にゲームを行うために、コーチから「ゴールを運ぶ」という指示が出たとする。予測できる選手は、ゴールを運んだ後、ボールも集めることができる。ゲームを行うためにはボールも必要であり、散らばったボールを集めなければ、ゲームの流れが悪くなる。というように自ら先のことまで考え行動することのできる選手は試合でも予測する力を発揮することができ、攻守において相手より先にボールを触ることができる。
 次にパスの精度やパスコースを作る動きの悪さである。パスの精度においては、蹴る技術や力が最低限必要であるが、今日の対戦相手と比べると蹴る力にレベルの差を感じた。また、相手のプレッシャーのかかった中でパスをするためには、ボールコントロールのレベルも高めなければならない。これは、理屈ではなく、たくさんボールに触らなければ身に付かない。うまい選手は、チーム練習以外でも確実にボールを触っている。努力の時間とうまい選手(上達)は間違いなく比例する。
 パスコースを作る動きにおいては、前述した予測する力の要素も関わっているが、DFにかぶらない場所や自身がボールを保持した際に最優先順位である前方を選択するための身体の向きなどを考え、ボールに関わらなければならない。
 今日のような力のあるチーム相手だと、足元の技術に自信がないため、ボールに関わることが怖いという段階に感じる。これは、課題として、「怖さ」を排除できるように忍耐強く練習を行っていくしかない。(藤田芳正)
  • 友だち追加数
TOP