お知らせ

お知らせ

JA東京カップ総評

5年JA東京カップの総評

絶対に負けられない試合ということで、攻守においていくつかの約束事(個人戦術、チーム戦術)を準備・要求した。
まず攻撃においては、点を奪うためにボールをゴールの近くに運ぶことが重要になってくる。そこでスローイン作戦を準備した。これはスローインでシンプルに裏を取り、じわじわとボールをコーナー付近まで運び、クロスを上げたりコーナーキックを獲得したりする作戦である。この作戦により、何本もクロスを上げたりコーナーキックを獲得することができたことからもわかるように、優位な試合運びができた。一方でクロスの精度やその入り方の課題が浮き彫りになった。また、コーナーキックにおけるキッカーの精度やコーナーの練習も必要であるが、何本もコーナーキックを獲得できたにも関わらずコーナーキックからの得点が少なかったことから、コーナーキックから得点を奪うという強い気持ちが無かったようにみえる。
守備においては、合宿で徹底した1対1での対応と守備陣形を要求した。
1対1の対応では、完璧ではないがその考え方を意識して対応していた。特にタクマの対応が良かった。プレイジール戦では相手のキーマンを完璧に抑えることができていた。しかしながら、全体的に1対1の対応における課題も少なくない。例えば、アプローチのスピードが遅いためボール保持者の近くまで寄せることができずにシュートを打たれたり、前方にパスを出されたりと相手に自由を与えてしまうことも多々あった。
守備陣形においては、ゴール付近までボールを運ばせないために、ボール保持者に対してコンパクトを保ちカバーができる状況を作らせた。これに関しては、中盤の3人の理解力、実行力が乏しかった。その結果、ケンセイの前のスペースが空くことがあり、そこから前にボールを運ばれコーナーキックなどから失点にも繋がってしまった。
次へのステップに進むことができたが、一試合でも多く勝つためには、今回要求した約束事の精度や理解を高めることはもちろん、パスやドリブルの精度、周りをみながらのボールキープスキルなどのレベルも高めていかなければならない。

藤田コーチ

  • 友だち追加数
TOP