お知らせ

お知らせ

プレミアリーグ総評

5年生リーグ戦の総評は以下の通りです。

結果をみてもわかるように前半に比べて後半の方が戦えていた。
具体的に前半は、インターセプトを狙っていなかったり、1対1の対応が軽かったりと「ボールを奪う」という気持ちが低かった。
一方後半は「ボールを奪う」という気持ちを高めてプレーすることができたため、ボールを奪う回数が増えた。その結果、攻撃の時間が増え、攻撃における課題もみえた。
その課題を以下に述べる。
・相手にぶつからないドリブルのコース
・パスの考え方、パスできる持ち方
・パスの受け方(空いているスペース)
・コントロール、キックの技術
・ハードワーク(攻守にわたって走る)
このように、攻守にわたって課題をみつけ克服していくためにも(レベルの向上)、「勝ちたい」という気持ちが核となっている。
また、「勝ちたい」という気持ちを強く持つことは 、攻守においてパフォーマンスを発揮するためにも必要不可欠である。
例えば、この「勝ちたい」という気持ちが強ければ、ボールを奪うために、長い距離でも諦めずに戻ってカバーしたり、ゴールを奪うために長い距離でも走ってゴール前までサポートしたりできるはずである。また粘り強い守備ができたり、ロングボールなどを前に跳ね返したりできるはずである。
自分自身のプレーを見直しして、どのようなプレーが「勝ちたい」という気持ちを全面に出したプレーだったのか、一方でどのようなプレーが「勝ちたい」という気持ちが弱かったのかを
ノートに挙げ自分自身で評価してみよう。

藤田

  • 友だち追加数
TOP