お知らせ

お知らせ

U-12リーグ5.28総評

6年生リーグ戦の総評を以下の通りお伝えします。

今日の目的は、いつも通りトップのコンビネーションを意識することに加え、このコンビネーションからサイドの攻撃参加を要求することとした。
コンビネーションにおいては、シュウタツとキョッツがお互いを見たり、試合中に会話をしたりすることが増えており、いい傾向にあるといえる。その結果、お互いへのパスの回数が増え多くのチャンスを作り得点にも繋がった。また、コンビネーションだけではなく、DFとの駆け引きからターンをして自ら突破するという判断からの得点も奪うことができた。しかしながら、ボールくる前に味方や相手、スペースを見ていないため、ボール保持者と自分の世界しかなく、コンビネーションを意識できていないプレーもあったり、トップ同士のパスがずれたり、くさびのボールをコントロールできずに失ったりとコンビネーションの精度やコンビネーションを発揮するための技術の精度をもっと高めていかなくてはならない。
次にサイドの攻撃参加について述べる。前述したトップ同士のコンビネーションが出てくるようになったり、タイガがパスかドリブルかの判断を伴うプレーになってきたこともあり、サイドのホタカとカイトの攻撃参加をオプションとして要求した。これに関しては、トップのコンビネーションからホタカが深い位置までドリブル突破してクロスを上げることができたり、カイトがゴール前まで長い距離をランニングしてパスを受け、得点を奪うことができたりと要求したことが出た。しかしながら、サイドを使う考え方が身に付いていないこともあり、パスの出し手が見えていなかったり、前述したトップがくさびのパスをコントロールできなかったり、またホタカ、カイトが予測できていないため(タイガのボールの持ち方やコンビネーションの状況をみてボールがくる可能性を感じていない)、上がるタイミングが遅かったり、サイドに出てもドリブルのコースが悪くその後の展開ができなかったりするなど、課題も多い。またサイドからの攻撃参加がみられたことにより、クロスに対するゴール前に入るタイミングや入る場所、そしてクロスの質といった課題もみえた。これらの課題を練習から根気強く要求していく。
さいごに、技術・戦術・体力を高めることはレベルの高いサッカー選手になるためには必要不可欠である。それと同時に、チームのためにハードワークをしてチームに貢献することができる選手が最も重要視されている。ハードワークとは、最後まで諦めないでカバーにいったり、長い距離を走って何回もサポートに入ったり、味方のパスがずれても諦めないでボールを追ったり、ボールを奪われたら奪い返したりと様々である。前回の総評でも触れたが、このようなチームを助けるプレーができる選手は、プレー以外の行動に表れる。どのような行動かは前回触れたので省略するが、リョウタロウ、ソウ、キョッツをはじめ、最近タイガの行動にも表れるようになってきた。高いレベルの選手を目標にしているなら、プレー以外の成長はマストである。

藤田コーチ

  • 友だち追加数
TOP